パパ活アプリ

ツイッターでパパ募集 私は、お腹に新しい命を授かりながらパパ活アプリを利用しています。まだ、お腹が目立たない時にたくさん稼ごうと思いました。 子供の父親は出会い系サイトで知り合った人でした。そして、私が妊娠の話をすると彼は携帯の番号を変え私から姿を消しました。親には言えないこの状態。せめて、お腹の子供を下すためにもお金を稼ごうと思いました。 パパ活アプリを利用して数週間で私はたくさんの男性に会いお小遣いをもらいました。もちろんHもしていたこともあって妊娠3ヶ月の頃には既に子供を下すためのお金が貯まりました。しかし、ここ最近つわりも酷くなっているせいか、私は子供が生きようとしているのかとふと考えるようになりました。 ある日、パパ活アプリで知り合った田中さんに会っている最中に私は吐き気を起こしました。その瞬間に田中さんは私が妊娠していることに気づきました。「その子の父親は。」「もう、私の前から姿を消しました。だから、この子を下すためにお金を稼ごうとしていました。」何故か分からないけれど、私は今までのことを全て田中さんに話しました。「お金は貯まっているのに何故おろさないのか、それは君が産みたいからじゃないのか。」「そうかもしれない。でも、今の私にはこの子を育てる自信がない。」「私が協力してあげようか。」「えっ。」「これでも子供好きだし、君のことも好きだし、今の話を聞いて私が出来ることはしてあげたいと思っている。」「ありがとうございます。」私は、パパ活アプリを利用するのを辞めました。そして、出産後ちゃんと就職するまで田中さんに援助をしてもらいこの子を無事に産む決意をしました。 パパ募集 愛人募集
題名返信数名前最終投稿日時
<<<1>>>
本日:[ ]  昨日:[ ]  累計:[ 7 ]